FC2ブログ

『インド倶楽部の謎』(有栖川有栖)

インド倶楽部の謎 (講談社ノベルス)
インド倶楽部の謎 (講談社ノベルス)

前世の繋がりを持つ7人が集まった「インド倶楽部」。そこで行なわれた全ての運命が書かれているという「アガスティア葉」のリーディングが催された。そこで示された死の日付。後日リーディングに集まった者が相次いで殺される。果たしてその死は予言されていたのか。

「本格ミステリ」とは何なのか? この問いへの答は様々なものとなるでしょう。どこをミステリの核とするのか、魅力とするのかは人によって様々だからです。
僕にとって「本格ミステリ」とは「探偵(役)が答を導き出す道筋が美しい物語」なのです。その答に驚いたり納得するだけではなく、如何にしてそこに至ったのかその答が出るまでの式の美しさが重要だと思っています。
そう思うようになったのは、有栖川有栖作品に魅了されたからですね。謂わば火村の推理に惚れたからと言っても過言ではないでしょう。
でも推理の過程だけでは面白みがないのですね。そこで今回ある人物が発した「謎を解くのは火村で、アリスが物語を完成させる」という言葉。これこそがこのシリーズの魅力を端的に表わしたものなのではないでしょうか。
あとがきで作者はこの作家アリスシリーズは作品ごとに本格ミステリのスタイルを変えていると述べています。確かに謎に対するアプローチの仕方や、謎自体の取り扱い方など作品によって違っています。しかしどれを読んでもシリーズとしての面白さがあるのは、火村とアリスの関係性がシリーズを通して一貫しているからでしょうか。改めてこのシリーズの魅力に気付かされました。

また今回は久し振りの国名シリーズだったからなのか、内幕をちらりと見せるようなネタが仕込まれていたことにもニヤリとさせられました。そしていつも通りの火村アリスのデートシーンも。その中でミステリ論や前世に関する論を挟み込み、それがその後の展開の足掛かりになるところも美しいと感じる所以ですね。
スポンサーサイト

『ふしぎ古書店1 福の神はじめました』(にかいどう青)

ふしぎ古書店1 福の神はじめました (講談社青い鳥文庫)
ふしぎ古書店1 福の神はじめました (講談社青い鳥文庫)

両親の仕事の関係で叔母の元から学校に行くことになったひびき。町の様子を見て歩いているとふしぎな古書店にたどり着いた。そこで出会った青年レイジは自分は福の神だと名乗り、ひびきを「福の神の弟子(仮)」と決めるのだった。

古書店がタイトルにあったので手にしてみました。いわゆるイマドキの児童文庫ですね。可愛い絵と親しみやすく突飛なキャラクターが読者を引っ張ってくれます。
古書店が出てくるとは言え、メインとなる舞台は学校なので古書にまつわる謎だとか蘊蓄だとかでは物語が展開する訳ではないです。それでもはじめの事件は本がキーアイテムとなりますし、本が好きな小学生が主人公なので所々に本(それも実際にある本)が出てきてアクセントになっています。

またこの物語は主人公ひびきの一人称で書かれています。一人称小説は主人公に感情移入しやすく、物語の展開もわかりやすいのですが、主人公がわからないことは読者に示せない(示すことが難しい)という面も持っています。
ここではそれが巧く作用し、ひびきが気付いていないひびき自身の気持ちが引き出されることがクライマックスに用意されています。それまでにひびきが気付いてないけれど引っ掛かっていることが示され、読者が同じようにそこに引っ掛かりを感じることでひびきと共に問題を乗り越えるのでしょう。
そしてひびきが気付かない気持ちを気付かせてくれる人物の配置も絶妙です。これもキャラクターで引っ張る物語ならではの効果なのかなとも思います。

クラスメイトにつきまとうストーカーの正体は? 音楽室に現れたのっぺらぼう、ひびきに訪れるふしぎな世界。果たしてひびきは「福の神の弟子(仮)」として3人の人を幸せにできるのか?

『エイレーネーの瞳 シンドバッド23世の冒険』(小前亮)

エイレーネーの瞳―シンドバッド23世の冒険 (ミステリーYA!)
エイレーネーの瞳―シンドバッド23世の冒険 (ミステリーYA!)

17世紀オスマン帝国の首都イスタンブールで冒険家として活躍するシンドバッド23生ことセルマは、魔人を従え空飛ぶ絨毯で大空を翔る。弟子のマレクと共に謎の宝探しに乗り出した時、街の広場の巨大オベリスクが一夜にして消失するという事件が起こるのだった。

代々指輪の魔人を受け継ぐシンドバッドが謎の地図と暗号を手掛かりに宝探しをする。それだけで血湧き肉踊りドキドキワクワクの元に本を手にしてしまいます。
そこに弟子の少年の目を通すことにより師弟関係というものを見せ、セルマの冒険家としての顔だけでなく憧れとなるべき大人の顔も見せるのですね。決して品行方正ではないけれど、この人のようになりたいと思わせてくれる存在。それは少年の日に出会いたかった憧れとして、少年の日を遥か昔に過ぎ去った身に思わさせるのです。そしてこれこそが若い世代に向けた物語の醍醐味のひとつでもあろうと思うのです。
田中芳樹が帯に「こんな物語が読みたかった こんな物語を書きたかった」と書いているように少年の日々に田中芳樹を読みあさった身には、こんな物語が好きなんだと思える物語でした。この面白さは多くの少年たちに(もちろん少女たちにも)伝えたいですね。

冒険の謎については、作中ではその答え合わせだけを見せられている感じもします。どのようにして謎を解くかではなく、解いた謎によって起こる冒険に主眼を置いているということでしょうか。そのため物語はテンポよく展開します。そのスピード感も冒険小説の面白味でしょうか。

今回はシンドバッド23世登場編とも言える展開でしたので、冒険はまだまだこれから。実際ラストシーンでは次作への布石もあるのですが、残念ながら続きは出ていない模様。まだまだセルマとマレクの冒険を読みたいので、待っていますよ!

『謎の館へようこそ 白』(アンソロジー)

謎の館へようこそ 白 新本格30周年記念アンソロジー (講談社タイガ)
謎の館へようこそ 白 新本格30周年記念アンソロジー (講談社タイガ)

新本格30周年を記念して作られた「館」をテーマにしたミステリアンソロジー。もうそれだけで踊りだしたくなるほど嬉しいのですよ。
執筆陣は東川篤哉、一肇、古野まほろ、青崎有吾、周木律、澤村伊智と比較的新しめの作家が集まっています。新本格何世代になるのでしょうね。感覚的に孫曾孫世代という感じですが。

新本格らしい要素がそれぞれに込められています。奇矯な探偵、思い切った設定、大胆なトリック、遊び心に富んだパズルゲーム、一発ネタ的な大どんでん返し、などなど。そうそう新本格黎明期にどんどんガンガン投げつけられたあの感覚がよみがえります。
ひとつひとつの力が弱くともその組み合わせで読ませるものもあります。パズルゲームとして穴が大きいけれども、探偵役の奇抜さと文体で突き進んでいくものもあります。大胆なトリックをふんだんに散りばめたギャグの中に埋没させて隠したものもあります。(と書くだけで誰の作品のことかわかるかも)
本格ミステリは出尽くしたと言われて久しいです。でも本格ミステリの要素を細分化し構築し直すことで新たなものを生み出すことができる。それを示したのが新本格ムーブメントだと思うのです。
30周年を機にこのようなアンソロジーが作られたことは、これから先にもこの本格の要素を楽しむことができ続けられる証かもしれません。それを楽しみにします。

『ピーターと象と魔術師』(ケイト・ディカミロ、長友恵子・訳)

ピーターと象と魔術師
ピーターと象と魔術師

ピーターは占い師に妹が生きていると、象が妹のいるところへと連れて行ってくれると告げられる。ユリの花を出そうとした魔術師は、貴婦人の膝の上に象を呼び出してしまう。象は伯爵夫人の元に飼われることになり、背骨の曲がった元彫刻師の男が世話をする。象は自分の名前を忘れてしまい、牢に囚われた魔術師は窓から空を見る。

なんとも奇妙な物語。冬のどんよりとした空の下で紡がれる物語。
しかしピーターの想いの強さが物語の閉塞感を切り開き、人々は集い奇跡を目の当たりにするのです。

なんとも奇妙な物語。そして心温まる物語。
物語が紡がれるということの幸福を感じ、物語に包まれる幸福を感じる。そんな物語の魅力を味わえる一冊でした。
プロフィール

大吉

Author:大吉
物語の魅力を伝える古本屋をやっています。

好きな作家は、有栖川有栖、田中芳樹、江戸川乱歩、倉知淳、恩田陸、北村薫、宮部みゆき、京極夏彦、小川洋子、殊能将之、梨木香歩、泡坂妻夫、東川篤哉、綾辻行人、長野まゆみ、大崎梢、恒川光太郎、吉田篤弘、上橋菜穂子、岡田淳、R・ダール、E・ケストナー、などなど。気になりゃ何でも読みます。

子どもたちに物語の面白さを伝える、そんな駄菓子屋のような古本屋を目指します。

「古本 大吉堂」大阪市阿倍野区王子町3−4−4




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

FC2カウンター
ブクログ
カテゴリ
リンク
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム