『アレクシア女史、倫敦で吸血鬼と戦う』(ゲイル・キャリガー、川野靖子・訳)

アレクシア女史、倫敦で吸血鬼と戦う (英国パラソル奇譚)
アレクシア女史、倫敦で吸血鬼と戦う (英国パラソル奇譚)

吸血鬼や人狼が人類と共存する19世紀イギリス、とある舞踏会の夜アレクシアは吸血鬼に襲われ偶然刺殺してしまう。アレクシアは魂なき者として異界の者の能力を消し去り人間に戻す力があったのだった。
スチームパンクの世界観に吸血鬼や人狼という異界族、イタリア人の血を引く強気なオールドミスの主人公。イキナリ始まるストーリーに翻弄されていると、設定がさり気なく説明されながら個性豊かな登場人物たちが暴れ回り、どんどん物語に引き込まれます。
どこにも属さないはぐれ吸血鬼の出現や人狼の失踪事件を、異界管理局の人狼捜査官マコン卿が調べることで話が進むのですが、そのミステリ的展開よりも、アレクシアとマコン卿の丁々発止のやり取りやロマンスに物語の核は移っていきます。異界族ハーレクインの様相を帯びてきたかと思いきや、ラストに至って大活劇が繰り広げられるという何とも贅沢な娯楽小説です。
主人公アレクシアはその容姿や出自などから自分を卑下する癖がありますが、自分で考え自分で行動するこの時代には(架空の19世紀ではありますが)珍しいタイプの女性で、そのことが物語の痛快さを高めています。それは恋愛観にも現れており、黙っておとなしく王子様を待ったりはしないのですね。それが故の結びの盛り上がりと爽快感。これは続きが楽しみです。
スポンサーサイト

『ふしぎ駄菓子屋銭天堂2』(廣嶋玲子)

ふしぎ駄菓子屋 銭天堂2
ふしぎ駄菓子屋 銭天堂2

今の子どもたちに人気のあるシリーズ物を読んでみようと手に取りました。たまたま手元にあったのが2巻だったのですが、連作短篇になっており、ふしぎな駄菓子屋でふしぎな駄菓子を買うことで起こるふしぎな物語ということで、問題なく楽しめました。
ふしぎな店で買ったもので起こるふしぎな物語というのは、よくある設定といえばそれまでなのですが、読んでみると実に真っ直ぐな物語だなと思ったのです。ふしぎな駄菓子を買って得たふしぎな能力を欲深く使えば因果応報怪談話となり、人のためや自分が前に進むために使えば心温まるお話となる。実に展開が真っ直ぐで安心して読むことのできる物語なのかも知れません。しかもそれを混ぜ合わすことによって同じパターンを繰り返すことを避け、いろんなバージョンのお話を楽しむことができる。
しかもひとつひとつのお話は短いものなので、スッと読むことができる。1冊にたくさんのお話がありシリーズも続いているので、もっと読みたいという欲求にも応えることができる。なるほど、これは人気が出る訳です。
怪盗の能力が得られる「怪盗ロールパン」病気やけがを治すことのできる「ドクターラムネキット」音楽の天才になれる「ミュージックスナック」など銭天堂は幸運のお客さまのねがいをかなえます。

『カラヴァル 深紅色の少女』(ステファニー・ガーバー、西本かおる・訳)

カラヴァル(Caraval) 深紅色の少女
カラヴァル(Caraval) 深紅色の少女

勝利者は何でも願いが叶うという夢と魔法のゲームカラヴァル。父の虐待に縛られていたスカーレットは、幼い日よりカラヴァルに招待されることを望んでいた。スカーレットの結婚が迫った日、カラヴァルのゲームマスターレジェンドから招待状が届くのだった。

本屋大賞の翻訳小説部門1位となった作品であり、翻訳者の西本かおるさんの言葉に10代の女の子に読んで欲しい作品というのがあり、興味を持ち手にしました。
悪夢の中で悪夢を見るようなおぞましさと妖しさと美しさが入り交じったような世界。全てはゲームであり虚像であり演技であり夢である。何が本当なのか嘘なのか。そんな世界に放り込まれたスカーレットの翻弄する様子が強く書かれています。
スカーレットはその生い立ち故、どうしても夢と魔法の世界に身を投じてしまうことができず、それがじれったくも感じます。折角舞台が整っているのに、なかなか主人公が舞台に上がらず遠巻きに逃げ回っているので、話が進んでいるのか停滞しているのかもわからない状態に読者も放り込まれます。
その翻弄されながらも夢に陶酔していく様子を楽しむのがこの作品の魅力なのだろうと思います。共に夢を見ることで世界に耽溺していく。しかしその夢は覚めることのない悪夢かも知れませんが。はまりすぎないよう、どうぞご注意を。この言葉こそこの作品を象徴するものでしょう。
カーテンコールのあとに舞台裏を見せられるようなラストシーンは興醒めとも思えましたが、スカーレットが新たな世界に足を踏み出すために必要なことだったのかも知れません。そして妹のテラに訪れる新たな世界の扉を示すためにも。そして物語は続くのです。

『ピアニッシシモ』(梨屋アリエ)

ピアニッシシモ (講談社文庫)
ピアニッシシモ (講談社文庫)

松葉が幼い頃心慰めてくれた隣家のピアノが譲られた先で出逢った紗英。華やかで自信家の紗英に松葉は惹かれていくのだった。

性格も家庭環境も違うふたりの少女が出逢うことで始まる物語。しかしそこから想定される展開は待っていませんでした。憧れが自己を昇華してくれる訳でもなく、他者を受け容れることで自己が変わっていく訳でもなく。なれ合いでも依存し合うのでもない友情。でも松葉と紗英は出逢うことで、それまでとは違う自分を見付けることになるのです。いや、それまで気付かなかった自分を見付けると言うべきでしょうか。

松葉は自分のことを平凡で良くも悪くも特化していないと思っています。周りに合わせて流される、そんな風にも思っています。しかしそれは松葉に嘘がないからかも知れません。他者に合わせてしまうのは他者への思いを真っ直ぐ見ているため。それは憧れだったり尊敬だったり幻滅だったり諦めだったり。相手への感情に嘘がないので、相手を見る目も容赦ないのかもしれません。それは親や先生への反抗ともなり、友達への想いに繋がる。その松葉の目がこの物語の核となり、松葉の周辺の人々を解体していきます。そして読者は松葉の目を通して、自らの親や友達への思いに気付くのかもしれません。

そんな目をもつ松葉だから、紗英によって変わっていくというよりも自己を確立していくように見えます。だから紗英が物語から逸れて行っても、松葉は自分の道を淡々と進んだのでしょう。そこに本人が気付いていなかったとしても。
何とも面白い読後感がありました。

『世界は変形菌でいっぱいだ』(増井真那)

世界は変形菌でいっぱいだ
世界は変形菌でいっぱいだ

出逢いはEテレの「カラフル!」でした。そこで変形菌が友達だという少年が出てきたのです。幼い頃に知った変形菌に興味をもち、自ら採取して飼育して専門家の先生とともにフィールドワークする姿が映し出されていました。
なんて素敵な少年なんだと思っていたら、現在高校生となった少年は今でも変形菌の研究を続け変形菌の本を出したということを知ったのです。それがこの本の著者増井真那さんだったのです。

写真を多く掲載し変形菌のことがわかりやすく紹介されています。専門家の人が書かれる本は専門家の人にとって当たり前のことと一般の人の当たり前に差異が生じ、そのためにわかりにくくなるものもあります。しかしこの本では普段変形菌と接していない人はこういう部分がわからないだろう、知らないだろうというポイントがしっかりと押さえられており、そこをフォローしつつ進むのでわかりやすかったです。
5歳の時に変形菌に出逢って興味を持ったという話からはじまり、変形菌とはそもそも何なのか、普段変形菌とどのように接しているのか、それを通じて変形菌の魅力を今一度伝え、現在行なっている研究の内容という流れがとてもきれいなんですね。だからわかりやすい。
そこはやはり変形菌に対する愛なのだろうと思うのです。好きだから知りたい。好きだから他の人にも知って欲しい。そんな思いで今まで数多くの人に変形菌のことを伝えてきたのだろう。だからこんなにもわかりやすく伝えられるのだろう。そう思わせる記述がそこかしこにあるのです。

興味を持って好きになる。そのことがこんなにも世界を広げる。そのことがこんなにも輝かしい。変形菌を通じてそんなことも思わされました。
プロフィール

大吉

Author:大吉
物語の魅力を伝える古本屋をやっています。

好きな作家は、有栖川有栖、田中芳樹、江戸川乱歩、倉知淳、恩田陸、北村薫、宮部みゆき、京極夏彦、小川洋子、殊能将之、梨木香歩、泡坂妻夫、東川篤哉、綾辻行人、長野まゆみ、大崎梢、恒川光太郎、吉田篤弘、上橋菜穂子、岡田淳、R・ダール、E・ケストナー、などなど。気になりゃ何でも読みます。

子どもたちに物語の面白さを伝える、そんな駄菓子屋のような古本屋を目指します。

「古本 大吉堂」大阪市阿倍野区王子町3−4−4




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

FC2カウンター
ブクログ
カテゴリ
リンク
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム