『謎解きはディナーのあとで3』(東川篤哉)



シリーズ3冊目となると、いつものパターンが様式美にまでなりますな。おなじみのやり取りが楽しいです。
東川作品は軽い文章とベタベタなギャグとパターン化したキャラクターのために誤解されやすいのですが、ガチガチの本格ミステリなんですよね。ミステリのネタの使いようが実に見事です。
最近のシリーズ短編ものは、ミステリ的ネタひとつを核にしているため肉付けとしてギャグを盛っているのですが、そのためミステリ成分が薄く感じるのは残念です。しかしそのギャグがミステリとしてミスリードや伏線を兼ねているのは好きなんですよね。いやまあ、ただ単に言いたかっただけなんだろうという投げ捨てなギャグもありますが、それはまあそれとして。
河川敷で溺死していた男、子ども用の椅子に座らされていた死体、身体から靴ベルト眼鏡カチューシャなど小物が持ち去られていた死体、そして美術品を狙う怪盗まで。ミステリの入り口としても楽しめるシリーズものです。しかしこれで完結なのですかねえ。ううむ。
スポンサーサイト

『魔法使いは完全犯罪の夢を見るか?』(東川篤哉)

東川作品はシリーズによってミステリの核となるパターンを変えているのですが、今シリーズでは「倒叙もの」です。しかもそこに「魔法使い」を加えるという変化球。もちろん本格ミステリとしてロジックで勝負しているので、魔法で解決はしません。倒叙ものではコロンボにしろ古畑にしろ、この人が犯人だと決めた上で犯人のミスを探すようなところがあり、その直感力が魔法じみて感じることがあります。(理由が説明されているとしても)そこでその魔法じみた部分を本当に魔法でやっているんですよね。魔法で犯人を確定してから、証拠やミスを探す。なるほどその手があったかと膝を打ちました。
本格ミステリとしてのネタは使い古されたものでも、見せ方次第で新たなパターンを生み出せる。その手腕が素敵です。そこにはキャラクターの名前の色付けと細かいギャグの応酬という、これまた東川作品お馴染みの味付けがなされて、より楽しめます。

『探偵部への挑戦状 放課後はミステリーとともに2』(東川篤哉)

探偵部への挑戦状 - 放課後はミステリーとともに2

鯉ケ窪探偵部副部長霧ヶ峰涼シリーズの第2弾。今回は3馬鹿トリオも登場したり、他の作品とのリンクも見えて東川作品の愛好者としては嬉しいですね。しかし前作で同じ探偵部の3馬鹿トリオが出てこなかったのは何か仕掛けがあると思っていたのですが、何事もなくすれ違いだけで流されたのは残念。
基本的にこのシリーズは本格ミステリのパロディだと思っています。なので本格ミステリへの入口としての役割も大きく働いて欲しいなという想いがあります。骨格となる部分は本格ミステリのパターンを踏襲しつつ、カリカチュア化されたキャラクターとドタバタギャグで話を強引に進めるのは作者の得意とする処ですし。今作ではミステリゲーム的なものがミステリというものを俯瞰視していて面白かったです。もっと割り切ってパズルゲームに徹してくれてもいいのになあ。

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

『私の嫌いな探偵』(東川篤哉)

私の嫌いな探偵

ビルの壁に全速力で走ってぶつかった男の真意は? 雪の足跡に秘められたものとは? 消えた他殺死体の謎、墜落死した死体の口から出てきたエクトプラズムの謎、などなど、それに挑むは烏賊川市の名物探偵鵜飼杜夫だった!
このシリーズは魅力的な謎の提示と、それを論理的に解き明かすミステリ的手法をベタなギャグとスラップスティックな展開で彩るところにあると思っています。今作もそのノリなのですが、如何せんここのところの大量生産のツケか謎の解明部分が思い切り過ぎというか大雑把というか。ミステリクイズじゃあるまいしというネタを持ってくるとは思いませんでしたよ。今時そのオチか!? てなものを見せる手法は巧いと思うのですけどね。
でも何のかんの言ってもこのシリーズ好きなんですよ。そろそろ長編読みたいなあ。因みに鵜飼探偵は絶対に大泉洋がいいと思うのですがコレ如何に?

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

『ここに死体を捨てないでください!』(東川篤哉)

ここに死体を捨てないでください! (光文社文庫)

大胆なトリックと緻密な構成、それを覆い隠すベタベタなドタバタ喜劇。いつものパターンとは言え、これが大好きなんですよ。ギャグをミスリードにしているので、それに気付かず読むとドタバタしている内に事件が勝手に解決しているように見えるのですが、その実しっかりと伏線は張られているんですよね。
まさかそんなことはないだろうなというような思い切ったネタも、このギャグがあるからこそ活きるんですよね。この路線でどんどん突っ走って欲しいなあ。

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

大吉

Author:大吉
物語の魅力を伝える古本屋をやっています。

好きな作家は、有栖川有栖、田中芳樹、江戸川乱歩、倉知淳、恩田陸、北村薫、宮部みゆき、京極夏彦、小川洋子、殊能将之、梨木香歩、泡坂妻夫、東川篤哉、綾辻行人、長野まゆみ、大崎梢、恒川光太郎、吉田篤弘、上橋菜穂子、岡田淳、R・ダール、E・ケストナー、などなど。気になりゃ何でも読みます。

子どもたちに物語の面白さを伝える、そんな駄菓子屋のような古本屋を目指します。

「古本 大吉堂」大阪市住吉区遠里小野5−3−1




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

FC2カウンター
ブクログ
カテゴリ
リンク
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム