『過ぎ去りし王国の城』(宮部みゆき)



宮部みゆきは逃げません。世に満ちる悪意から暴力から、人の持つ厭な部分から、どうしようもない悲劇から。だから読むとしんどい思いもします。ああ、その箱を開けるのか、その思いを開陳するのかと。
しかしただ露悪的に悪意を書き綴っているのではありません。打ちのめされるけれど、それがこの作品の目的ではありません。芯の部分には優しさがあります。だからつらいだけではない読後感があります。どうしようもないつらさの向こうにある希望を見せてくれます。それは作者自身の願いかも知れません。そしてつらさを書きながら希望を感じさせることは、物語が持つ力なのでしょう。宮部みゆきの作品には、そんな力を信じさせてくれるものがあるのです。

偶然手にした古城が書かれた紙。その世界に入り込むことができると知れば試してみたくもなるでしょう。それも中学生男子としてはもちろん。他の宮部みゆきのファンタジーと同じく、ここでも現実と地続きの異世界が用意されています。
まずは現実世界でのできごとがこと細かに描写され、その後異世界の冒険が始まる。そう思っていました。スクールカーストと称されるような学校内での鬱憤としたものが、異世界で晴らされるのかと思っていました。でも異世界で待っていたのは、余りにもつらい現実の結果に過ぎなかったのです。
なかなか冒険が始まらないなと読み進めていたのですが、状況説明だと思っていた現実世界のできごとこそが主題でした。異世界というファンタジーは現実を描くための手段だったと知った時、世界はひっくり返らずそのまま目の前に突き出されます。その突き出されたものに対して、どのように立ち向かうのか。選択肢が示され、登場人物たちはそこから自分がしたいことを選びます。その選択の意味がわかる時、そして選択自体の意味がわかる時、その時こそ世界はひっくり返ります。そして向こう側にある希望に気付かされるのです。
スポンサーサイト

『英雄の書』(宮部みゆき)

中学生の兄が同級生をナイフで刺し、そのまま失踪してしまう。妹の友理子は兄の部屋で語りかけてくる本に出逢う。それは冒険の始まりだった。
宮部みゆきは何でもありだなと、そのジャンルの広さに驚かされます。今回はしっかりと異世界ファンタジーでした。それも宮部みゆきの味付け濃厚なファンタジーでした。
現実社会で起こった事件の根をしっかりと描きつつ、そこに魔法を注ぎこむ。「力が欲しいか」と能力を与えられる少年の物語。異世界へと行き「敵」と戦う魔法少女の物語。それだけを抜き出すと王道なのですが、その王道の物語を俯瞰視して物語自体の意味を問うてきます。
現実の事件と異世界の冒険お互いが引き合いながら物語世界が築かれていきます。場合によってはどっちつかずになりそうなところを、ほとんど力業のような思い切りの良さでまとめ上げているのが驚嘆でした。

『宮部みゆきの江戸怪談散歩』(宮部みゆき)

宮部みゆきの江戸怪談散歩 (新人物文庫)

宮部みゆきが江戸怪談を語る…と思ったのですが、そういう面は弱く作品のインタビューと再録作品、オススメ作品の収録、そして江戸怪談の舞台の紹介というファンブックでした。
しかし北村薫との対談は読み応えがありましたし、オススメ作品は岡本綺堂と福澤徹三と普段読まない作家なので面白かったです。企画ものはそういう面白さがありますね。

『お文の影』(宮部みゆき)

お文の影 (角川文庫)

怪奇時代小説短編集。人に仇なすもののけが出てくる話ですが、何故かほんわかとする心持ちもあるのです。それは出てくる人物の気性や子どもたちの明るさ健気さに負う処が大きいのでしょう。
けれども、もののけが現れた理由となると薄ら寒い厭な気持ちが沸き立ちます。人の持つ悲しくも弱い心、それがもののけを生み出す。昔から何度となく繰り返し語られていることではありますが、それが宮部みゆきの筆に依ると実に悲しい。その悲しさを断ち切るのもまた人の心ではありますが。
6編収録された話がそれぞれ趣向が違うため、より一層楽しめます。しかもシリーズ物に登場している人物が出て来たりと何とも嬉しい趣向も。お気に入りは「博打眼」。もののけ退治にみんなが力合わせてあたふたと駆け回る様や、人々に知恵を授けてくれる狛犬の愛嬌がいいです。

『あんじゅう 三島屋変調百物語事続』(宮部みゆき)

あんじゅう 三島屋変調百物語事続 (角川文庫)

宮部みゆきの作品は面白い。面白いのだけど、人の世の辛い部分も浮き彫りにされるから読むのにエネルギーを要します。この百物語の前作もそうだったので、続きが読みたいもののなかなか手が出せずにいました。しかしいざ読んでみると、確かに辛い部分はあれども、おちかの身の上話が一段落を迎えており前作よりも明るめの作風でした。周りの人々が活き活きと動き出し、また新たに現れた人々も作風を明るくし、恐ろしく悲しい話を扱っているのに爽やかな読後感でした。
怪異よりも何よりも人が一番恐ろしい、そんな風に思える話でありながら、人がもつ力によって救われることも示すのが素敵です。
プロフィール

大吉

Author:大吉
物語の魅力を伝える古本屋をやっています。

好きな作家は、有栖川有栖、田中芳樹、江戸川乱歩、倉知淳、恩田陸、北村薫、宮部みゆき、京極夏彦、小川洋子、殊能将之、梨木香歩、泡坂妻夫、東川篤哉、綾辻行人、長野まゆみ、大崎梢、恒川光太郎、吉田篤弘、上橋菜穂子、岡田淳、R・ダール、E・ケストナー、などなど。気になりゃ何でも読みます。

子どもたちに物語の面白さを伝える、そんな駄菓子屋のような古本屋を目指します。

「古本 大吉堂」大阪市住吉区遠里小野5−3−1




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

FC2カウンター
ブクログ
カテゴリ
リンク
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム