『ふるさとは、夏』(芝田勝茂)



夏休みを父親のふるさとでひとり過ごすことになったみち夫は村に馴染めずにいた。バンモチという伝統行事が行なわれた夜、みち夫と村の少女ヒスイの前に白羽の矢が突き刺さる。神社ごもりの介添えに指名されたみち夫は、白羽の矢を巡り村の神さまたちと出会うのだった。
はじめ村社会に馴染めないみち夫の気持ちに同調し息苦しくなりました。村に馴染めないのはみち夫が馴染もうとしないからである。それはそうなのですが、東京からひとり否応なく知らない村に放り込まれ、さあ馴染めというのも酷なものです。
そのみち夫の孤独さのようなものを表わすのに、方言がとても効果的に用いられています。みち夫が意味が分からず問うたものはその意味が答えられるのですが、ほとんどのものが注釈などなしにがんがんと浴びせかけられます。読み進めていくと物語の中でみち夫がそうであるように、ニュアンスがわかるようになるのですが、それまでは自分が異分子であることを感じる、そんな役割があります。
そんなみち夫の孤独感と寂寥感を癒す…というか逸らしてくれるのが村の神さまたちなのです。いわゆる土着の神さま。村の歴史に則したものから生まれるその土地の信仰。そんな神さまがごく当たり前のようにみち夫の前に姿を現し語りかける。そのごく当たり前のようなことが他者を受け容れることと知るみち夫は、自分の見てきた世界と違う世界があることを知ります。そのみち夫の心境は読み手にも繋がり、いつの間にか方言が気にならずに読めることになっていることにも気付かされます。
それは何も異界との境界の問題だけではないのでしょう。生きていく中で出会う自分とは違うもの。それを自分の中にどう受け容れるのか。構える必要はない。ただ挨拶をするように自然に受け容れる。それは簡単でありながら、難しいことでしょう。そのことが村の娘ヒスイとの出会いや、白羽の矢をうったのは何者かという謎と絡み合い、ひと夏の不思議な経験という形で示されています。それが物語の面白さであり、物語がもつ力なのでしょう。
スポンサーサイト

『藍の空、雪の島』(謝孝浩)



ある日ワンディの住む街に戦車に乗ってやってきた黒服の男たち。彼らはワンディたち街に住む人たちを追い出し、とある村に監禁するのだった。
故郷を追われた少年とその家族の物語。黒い服を来た人たちに故郷を追われ労働を強いられる。黒い服の人たちが別の緑の服の人たちに攻撃されている隙に逃げ出す。隣の国に行き、そこでの暮らしが落ち着くかに見えた時また逃げ出さねばならなくなる。途中家族離ればなれとなり、川賊にさらわれる。難民キャンプへと辿り着きイープンへと行く手続きを経て旅立つ。そんな波瀾万丈な出来事が肉薄しつつも、淡々と語られます。
あくまで少年の視点で書かれるので、政治情勢などはほとんど描写や説明がありません。黒い服の人たちはどういう人たちなのか。なぜ故郷を追われなければいけなかったのか。隣国から身を隠すように逃げ出した理由。ワンディはそんなことよりも今を生きること、家族や友達とともにいること、そのためだけに足を進めます。移りゆく土地で出会う友達。なんでもないようなことが喜びになること。信じた人に裏切られること。様々な経験がワンディを通り過ぎていきます。それは余りにも大きく強い流れで、少年の身には抵抗する術もなく押し流されてしまいます。しかしワンディはそこで起こったことを胸に刻み自らの糧へとしていきます。大きな流れはわからなくとも、今自分は何をすべきなのか、どう思うのかを自分でしっかりと考えます。だからこそラスト成長したワンディはある決意をするのです。そんなワンディの目を通すため、つらく悲惨に思われる物語に突き抜けた青空のような爽やかさが伴うのでしょう。
帯の池澤夏樹の推薦文に「ポルポト政権のカンボジアで育った少年の遍歴の記録」とあり、ワンディを取り巻く状況を推し量ることができます。また詳しいことを調べることもできるでしょう。昨今難民と呼ばれる人たちへの侮辱的な言葉が飛び交うこともあります。まずは知ること。その入口にもなる物語でしょう。

『宇宙からきたかんづめ』(佐藤さとる)



スーパーで手にしたパイナップルのかんづめ。ばかに軽くてふってみたら「ふってはいかん!」とかんづめから声が聞こえた。
地球を調査に来た宇宙人が中にいるかんづめ。そのかんづめの宇宙人が語る不思議な物語。SF童話と称された物語の面白さ。本来SFならばどのような理屈という部分が不可欠であるが、ここでは科学的現象の結果の部分だけを抽出して物語に乗せています。なので、タイムマシンやものを小さくする光線やものを考えるカビの理屈はわからなくとも(叙述されなくとも)その結果部分がもたらす物語の面白さを味わうことができます。
本来子ども向け作品とSFは相性がいいのでしょう。ただ子どもにとっては科学の不思議も魔法の不思議も同じことなのかも。進み過ぎた科学は魔法と同じ、それがそのまま子どもたちの感性に迎えられるのでしょう。ただ不思議に対して書き手がもつ科学知識から何がどう不思議であるのかの叙述があることによって、その物語はSFであり得るのかも知れません。ここを入口にSF的不思議の魅力を知ったならば、それが次の科学やSFの扉を開く鍵となるのでしょう。

『春の庭』(柴崎友香)



面白かったー! と読み終えて、さて感想を書こうとしたら何をどう書いたらいいのやらわからなくなる。そんな状態に陥っています。
家の物語、町の物語、去り行く人たちの物語。移り行くものたちの物語。舞台となるのが立て壊しの決定しているアパートとその裏にある水色の瀟洒な家。その家はCMディレクターと小劇団女優の夫婦が住み、そこを舞台とした写真集が発行された場所。写真集を介して知っていたその家に入ってみたい、中を見てみたいという思い。そんなことが淡々と、そしてユーモラスに書かれています。
主を変えながらもそこにある家。町の風景の一部だと思っていたものが不意に消えてしまうこと。もうすぐなくなってしまうアパートに住んでいるということ。父親の遺骨を粉にしたすり鉢と乳棒、部屋いっぱいに詰め込んだソファ。何かを表わしているような、そのままそれでしかないような。事件が起こりそうで起こらず、冷蔵庫の中の豆腐に思いを巡らせて幕を閉じる物語。ものごとの連続が日常ならば、日常に訪れる変化や断絶は何を表わすのか。
そんなこんなを思いながら、やはり面白かったー! としか言えない思いを抱くのでした。

『ヒア・カムズ・ザ・サン 東京バンドワゴン』(小路幸也)



東京バンドワゴンシリーズも10作目ですよ。お馴染みの面々が繰り広げる安定の物語という感じが強くなりましたね。読んでいて居心地がよく、いつまでもこの世界に身を置いていたいという想いに包まれます。
しかし安定が故に物足りなくなるのも事実。特にどんどん登場人物が増えるので、それぞれの人物の年月に応じたできごとを追っていくだけで物語が終わってしまう印象も強いのです。でも研人の受験の顛末は、今までの積み重ねがあったからこその感慨深さはありましたけどね。それは花陽と研人のふたりがお気に入りだからというのもあるのかも。何だかふたりを小さい頃から見てきた、近所のおじさんの心持ちなのですよ。だから花陽がバシッと決めたシーンにも拍手喝采なのです。
また最近はホームドラマ要素が強くなり(いや、はじめからそうなのですが)ミステリ部分に物足りなさも感じているのです。今回久し振りに大きな謎が動くのか! と期待したのですが、その方面はちょいと肩透かし。
物足りない部分もあれど、やはり面白く続きを楽しみにしているのです。文庫で追っているのであと2冊は確実に楽しめると喜んでいます。

プロフィール

大吉

Author:大吉
物語の魅力を伝える古本屋をやっています。

好きな作家は、有栖川有栖、田中芳樹、江戸川乱歩、倉知淳、恩田陸、北村薫、宮部みゆき、京極夏彦、小川洋子、殊能将之、梨木香歩、泡坂妻夫、東川篤哉、綾辻行人、長野まゆみ、大崎梢、恒川光太郎、吉田篤弘、上橋菜穂子、岡田淳、R・ダール、E・ケストナー、などなど。気になりゃ何でも読みます。

子どもたちに物語の面白さを伝える、そんな駄菓子屋のような古本屋を目指します。

「古本 大吉堂」大阪市住吉区遠里小野5−3−1




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

FC2カウンター
ブクログ
カテゴリ
リンク
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム