『生者と死者 酩探偵ヨギガンジーの透視術』(泡坂妻夫)

生者と死者―酩探偵ヨギガンジーの透視術 (新潮文庫)

もう長年探していましたよ。これは図書館や古本屋では意味のない本ですから、復刊の知らせに喜んだものです。
数ページごとに袋とじになっており、袋とじのまま読めば短編小説、袋とじを開くと長編小説が出てくるという仕掛けが施された本です。短編が長編になるといっても結局は同じ話なのではないかと思いきや、袋とじを開いて読み始めた途端今までの短編は消え去り全く別の物語が展開されることに驚愕。さすがはマジシャン泡坂妻夫の面目躍如と言った処でしょうか。
短編は妖しげな雰囲気が面白く、長編はヨギ・ガンジーシリーズにお馴染みの洒脱な雰囲気で、作風もがらりと変わるのがすごいですね。
こんなに面白い泡坂作品が今ではそのほとんどが読むことが難しい状態であるのが残念無念。特に新潮文庫は絶版になり過ぎ。いやはや。この本も勿体ないからなかなか読めなかったのですが、そうも言ってられないので読みました。もちろん2冊購入していますよ。
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

『死者の輪舞』(泡坂妻夫)

死者の輪舞 (講談社文庫)
死者の輪舞 (講談社文庫)

殺人事件の加害者が次の殺人事件の被害者になるという、奇妙な連続連鎖殺人事件。アクの強い登場人物に遊び心散りばめた展開、いかにも泡坂妻夫らしいなあと読んでいたら、思わぬ所に落とし穴が。何気ない描写も伏線となっているから油断なりません。

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

『亜愛一郎シリーズ』(泡坂妻夫)

『亜愛一郎の狼狽』『~転倒』『~逃亡』のシリーズ三部作を再読しました。見た目は二枚目、やること三枚目の亜愛一郎を探偵役とする連作短編集です。
シリーズ通して読むと、作者の企みが見えてきて面白いです。それぞれの話の謎も魅力的で不可能と思われる事柄も、見方を変えれば筋が通る。押してもダメなら引いてみなというような理論が面白いです。しかもスキあらばギャグを放り込む作者独特のユーモアも好きですね。言葉遊びからケーキ投げのドタバタまで。ありとあらゆるユーモアとトリッキーを掛け合わせた、サービス精神満点の作品集です。

『黒き舞楽』(泡坂妻夫)

男女の情愛を描いた作品。普段なら手を出さないジャンルですが、泡坂作品らしく浄瑠璃人形の因縁を絡められており楽しみました。
旧家に嫁いだ女性が次々と不審な死を遂げる。全編妖しい雰囲気にまとわれ、謎が解かれた時の戦慄につながります。
プロフィール

大吉

Author:大吉
物語の魅力を伝える古本屋をやっています。

好きな作家は、有栖川有栖、田中芳樹、江戸川乱歩、倉知淳、恩田陸、北村薫、宮部みゆき、京極夏彦、小川洋子、殊能将之、梨木香歩、泡坂妻夫、東川篤哉、綾辻行人、長野まゆみ、大崎梢、恒川光太郎、吉田篤弘、上橋菜穂子、岡田淳、R・ダール、E・ケストナー、などなど。気になりゃ何でも読みます。

子どもたちに物語の面白さを伝える、そんな駄菓子屋のような古本屋を目指します。

「古本 大吉堂」大阪市住吉区遠里小野5−3−1




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

FC2カウンター
ブクログ
カテゴリ
リンク
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム