FC2ブログ

『さかなクンの一魚一会〜まいにち夢中な人生!〜』(さかなクン)

さかなクンの一魚一会 ~まいにち夢中な人生!~
さかなクンの一魚一会 ~まいにち夢中な人生!~

テレビでもお馴染みのさかなクンによる自叙伝。幼い頃(幼魚時代)から現在(成魚)までのことが書かれています。

トラックと妖怪が大好きだった子がタコと出会い魚全般に興味を持っていく。その様子が詳しく書かれています。それも失敗談を核にして書かれているんですね。
タコに出会いたいから海に行き捕まえたのに、炎天下の下でバケツに入れたままだったので死なせてしまったこと。割烹料理屋の水槽にいたウマヅラハギを貰おうとしたら姿造りとなって出てきたこと。魚は食べることも大切とさばいて刺身にしたものの水で洗ってそのまま出したので味がしなかったこと。ハゼの水槽にコバルトスズメをそのまま入れて死なせてしまったこと。そんな失敗の連続がそのまま綴られているのです。
そしてそこにはいつもじっと見守るさかなクンのお母さんの姿も。

失敗を繰り返すことができる環境が、今のさかなクンを生んだのだというのがわかります。つい先走って失敗しないように口を挟むこともなく、失敗した後責めることもなく、自分で考え自分で行動する場を作っていたお母さんの姿がさかなクンを通して見えるのです。
もしかするとそれこそがさかなクンが伝えたかったことかも知れません。失敗はつらいことです。場合によっては周りに迷惑をかけることもあります。しかしその失敗をなかったことにしては、次に繋がらない。失敗を先に取り除かれたら、自分で考えることができなくなる。失敗を繰り返してもいいんだよ。そこから次のステップが生まれるのだから。
それは子どもたちに伝えたいことですし、子どもたちに接する大人も知っておきたいことです。そのことがあのさかなクンの姿そのままに記されていました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大吉

Author:大吉
物語の魅力を伝える古本屋をやっています。

好きな作家は、有栖川有栖、田中芳樹、江戸川乱歩、倉知淳、恩田陸、北村薫、宮部みゆき、京極夏彦、小川洋子、殊能将之、梨木香歩、泡坂妻夫、東川篤哉、綾辻行人、長野まゆみ、大崎梢、恒川光太郎、吉田篤弘、上橋菜穂子、岡田淳、R・ダール、E・ケストナー、などなど。気になりゃ何でも読みます。

子どもたちに物語の面白さを伝える、そんな駄菓子屋のような古本屋を目指します。

「古本 大吉堂」大阪市阿倍野区王子町3−4−4




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

FC2カウンター
ブクログ
カテゴリ
リンク
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム