『老ヴォールの惑星』(小川一水)



SF作品集。普段あまりSFを読まないので、頭ん中のいつもと違う部分が刺激されました。いきなり訳のわからない世界に放り込まれて、手探りで進む内に色々と判明してきて楽しくなり、もっと先へと進みたくなる。そんな感覚を楽しみました。
過酷な環境の惑星に適した姿を得た知的生命体が、自分たちと別の存在へコンタクトしようとする「老ヴォールの惑星」には、小説ならではの味わいがありました。この惑星に住む生命体や生存法は、それこそ映像にすれば一目瞭然なのでしょうが、文章で表わされたものを想像する時の刺激は、何とも言えない面白味がありました。その後で表紙のイラストを見て改めて感嘆の声が出たものです。
また水の惑星に漂着した男を描いた「漂った男」では、究極状態に於いて人は何をもって人と為されるのかが問われます。絶対的孤独の恐怖を淡々と描いた後のラストの盛り上がりには身が奮えました。
SFとしての面白さはもちろん、人とは何か、知的好奇心の行き着く先は何かという普遍的な問題も提示されています。何より未来へのまなざしが明るいのが素敵です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

どうも、先日訪問させていただいた泉ヶ丘の保育士男です。

私もSFファンと言えるほど作品は読んではいないのですが、小川一水は大好きでよく読んでます。
で、つい嬉しくなってコメントつけちゃいました。

特にこの短編集は面白いですよね。作品としては『漂う男』が頭一つ抜けてるかなとは思いますが、個人的には最初に載ってる『ギャルナフカの迷宮』の小気味良さ、読後の爽快感が気に入ってます。

他にもお勧めしたい作品がありますが、機会がありましたら現在進行中の超大作、天冥の標も良かったらぜひ♪

Re:

ありがとうございます。返信遅くなり申し訳ありません。
小川一水は過去に一冊読んだきりだったのですが、前々から気になっていまして今回読んでみました。
もう本当に、読んでいる最中の頭ん中の刺激が心地よく幸せな読書でしたよ。
少しずつ読み進めていきます。
プロフィール

大吉

Author:大吉
物語の魅力を伝える古本屋をやっています。

好きな作家は、有栖川有栖、田中芳樹、江戸川乱歩、倉知淳、恩田陸、北村薫、宮部みゆき、京極夏彦、小川洋子、殊能将之、梨木香歩、泡坂妻夫、東川篤哉、綾辻行人、長野まゆみ、大崎梢、恒川光太郎、吉田篤弘、上橋菜穂子、岡田淳、R・ダール、E・ケストナー、などなど。気になりゃ何でも読みます。

子どもたちに物語の面白さを伝える、そんな駄菓子屋のような古本屋を目指します。

「古本 大吉堂」大阪市住吉区遠里小野5−3−1




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

FC2カウンター
ブクログ
カテゴリ
リンク
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム