『ぼくは悪党になりたい』(笹生陽子)



兎丸エイジ17歳。父親は誰か判らず、母親は自由奔放で海外に長期出張、異父弟は腕白過ぎて、親友は集団リンチを受けた後とんでもないことに… 弟の病気をきっかけに母親の知り合いの男性がやって来たことで、エイジの人生にも大きなターニングポイントが現れる。
はじめ苦手なタイプの物語かなと読むのを躊躇しましたが、なんのなんの気が付けばググイとのめり込んで一気に読み終えていました。複雑な家庭環境なのに真っ直ぐ素直に育っていたエイジが、あることをきっかけに堕ちていく。いや、堕ちてしまおうともがく。そんな物語展開に共感というよりはある種の微笑ましさを感じてしまうのは、17歳を遥か昔に過ごした身であるが故のことでしょうか。そして真面目で真っ直ぐな故に損をしていると感じてしまうエイジの心の動きにもまた、共感のような微笑ましさを感じてしまうのです。きっとエイジと同年代の子らが読むとガラリと印象も変わるのでしょう。どんな印象を抱くのか知りたくもあります。
そしてまた、人の話をろくに聞かず一瞬たりともじっとできない弟ヒロトの目には、このエイジを襲った騒動がどのように見えていたのかも気になりました。それだけ登場人物ひとりひとりが存在感のある作品でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大吉

Author:大吉
物語の魅力を伝える古本屋をやっています。

好きな作家は、有栖川有栖、田中芳樹、江戸川乱歩、倉知淳、恩田陸、北村薫、宮部みゆき、京極夏彦、小川洋子、殊能将之、梨木香歩、泡坂妻夫、東川篤哉、綾辻行人、長野まゆみ、大崎梢、恒川光太郎、吉田篤弘、上橋菜穂子、岡田淳、R・ダール、E・ケストナー、などなど。気になりゃ何でも読みます。

子どもたちに物語の面白さを伝える、そんな駄菓子屋のような古本屋を目指します。

「古本 大吉堂」大阪市住吉区遠里小野5−3−1




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

FC2カウンター
ブクログ
カテゴリ
リンク
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム