FC2ブログ

『青空のむこう』(アレックス・シアラー)



アレックス・シアラーの作品は胸を打ちます。それは真摯な眼差しを持っているから。目の前の問題から目をそらさず、嫌なことやつらいことにも真っ直ぐ投げ掛け、そこから生じる想いを真っ直ぐ受け止めるから。でも嫌なことやつらいことをそのままにするのでなく、そこに優しさの眼差しもあることによって希望へと繋げています。この『青空のむこう』でもその眼差しがありました。

主人公ハリーは交通事故にあって死の世界に来たばかりの少年。死の直前に姉のエギーとのけんかが気掛かりとなり、同じく死の国で出会った少年アーサーとともに生者の国へと降り立つのだった。
死者の国に来た人たちは手続きを終えれば、かなたの青い世界へと旅立つ。しかし現世にやり残したことがある人は旅立つことをせずに、幽霊のような状態で留まることになる。記憶にもない母親に会うことを望むアーサー、姉と仲直りをしたいハリー、ふたりともその望みのために旅立たずにいる。生者の国にはそんなやり残したことを果たそうとする幽霊や、そのやり残したことすら忘れてただそこにいるだけの幽霊がいる。死を迎えた時にやり残したことがないなんて言い切れる人なんてどれだけいるのだろう。そんなことを思いながらそれを果たすための時間が用意されているというのは、優しさなのかなとも思わされます。
また生者の国へと戻ったハリーには見たくなかったもの知りたくなかったものを目の当たりにすることになります。自分がいなくなっても前まで通り変わりなく学校生活を過ごす友達たち。自分の机もコート掛けも他の誰かに使われてしまっている事実。自分は忘れられたのだろうか。自分がいなくともみんなにとっては関係がないのか。それもまた真実。でもそうではないということが、きちんと示されています。これもまた優しさに満ちた真実。
そして深い悲しみに沈み込む家族の姿もまた、ハリーにとって見たくないものだったでしょう。もちろん自分がいなくなったことに対して悲しんでいなければそれはそれでショックでしょうが、自分のせいで家族が落ち込んでいる姿を見るのもショックでしょう。それでもハリーは健気に家族に届かない声を届けます。そしてけんかしたままになっていた姉には、ありったけの力を使って想いを伝えます。死んだ人の想いも生きている人たちに届くのだということ。これは死を描く物語に於ける優しさなのでしょう。
ハリーがいつでもどんな時でもユーモアを忘れず健気でいること。それがこの物語の救いにもなっています。子どもが不意の事故で亡くなるということ。そんな悲しい事実も、ここでは物語の力で希望を持つものへと昇華されています。その希望が胸を打つのです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大吉

Author:大吉
物語の魅力を伝える古本屋をやっています。

好きな作家は、有栖川有栖、田中芳樹、江戸川乱歩、倉知淳、恩田陸、北村薫、宮部みゆき、京極夏彦、小川洋子、殊能将之、梨木香歩、泡坂妻夫、東川篤哉、綾辻行人、長野まゆみ、大崎梢、恒川光太郎、吉田篤弘、上橋菜穂子、岡田淳、R・ダール、E・ケストナー、などなど。気になりゃ何でも読みます。

子どもたちに物語の面白さを伝える、そんな駄菓子屋のような古本屋を目指します。

「古本 大吉堂」大阪市阿倍野区王子町3−4−4




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

FC2カウンター
ブクログ
カテゴリ
リンク
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム