FC2ブログ

『コンビニたそがれ堂』(村山早紀)



風早の街の駅前商店街のはずれに夕暮れになるとあらわれる、不思議なコンビニ「たそがれ堂」。大事な探し物がある人は、そこで必ず見付けることができるという。
もの言わぬものの想いをくみ取り、過去から未来へと橋渡ししてくれる。そんな物語でした。受け取れなかったメモ帳、大切なリカちゃん人形、人々を見守る桜などなど。それらの想いが押し付けがましくなく届けられます。
元々は児童書の体裁で発行されたものですが、扱うテーマは重いものもあります。それもまたさり気なく描写されているので、子どものころ読んでも気付かないこともあるでしょう。しかし宿った種はある時芽吹き、その人の心に花咲くこともあるのではないでしょうか。そんな小さな種がたくさん詰まった一冊でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大吉

Author:大吉
物語の魅力を伝える古本屋をやっています。

好きな作家は、有栖川有栖、田中芳樹、江戸川乱歩、倉知淳、恩田陸、北村薫、宮部みゆき、京極夏彦、小川洋子、殊能将之、梨木香歩、泡坂妻夫、東川篤哉、綾辻行人、長野まゆみ、大崎梢、恒川光太郎、吉田篤弘、上橋菜穂子、岡田淳、R・ダール、E・ケストナー、などなど。気になりゃ何でも読みます。

子どもたちに物語の面白さを伝える、そんな駄菓子屋のような古本屋を目指します。

「古本 大吉堂」大阪市阿倍野区王子町3−4−4




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

FC2カウンター
ブクログ
カテゴリ
リンク
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム