FC2ブログ

『森へようこそ』(風野潮)

IMG_6362.jpg

物語のリアリティとは何をもって言うことなのだろうか。ここでは植物の声を聞いたり植物と同調するという超常現象じみたことが出てきます。しかしそれをもってリアリティがないというのは違うと思うのです。これはそういうものそういうお話として設定を受け容れたあと、そのことによる登場人物の感情や行動に納得し得るかどうか。そこが物語に於けるリアリティなのではないでしょうか。
ずっと離ればなれにいた双子の弟に、植物の声が聞こえるという変わった能力があるということ。そのためにクラスの子らと馴染めず不登校となっていること。それに対して美森ははじめ変だと思い、後に瑞穂に共感していく。その感情の移り変わりは実にリアリティがあったのです。だからこそ読者も美森や瑞穂に感情移入していけるのでしょう。
そして登場する大人がみな子どもに対して正直なのですね。正直過ぎて自分の弱さも自分勝手さも見せてしまうので、子ども側からすれば大変なのですが。その描写もこの物語を支えるものともなるのでしょう。
弱いものや自分たちと異なるものを排除し攻撃するということ。そのこともさらりと書かれているため、怖さを感じさせます。問題から目を背けた担任の先生はその行ないを悔いますが、実際にいじめていた子らはそれに対して罪悪感は持っていないように見える書かれ方にも怖さが募ります。それでいながらいじめられていた側が自らの強さによって前に進むことで、一旦物語は幕を閉じます。さて、その後クラスはどうなるのだろう、と気になったのですが、この物語の主題は家族の再生。クラスの再生はまた別のお話となるのかも知れません。
全体の流れからは心温まる物語なのでしょうが、そんな登場人物たちの感情のリアリティに怖さをも感じた作品でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大吉

Author:大吉
物語の魅力を伝える古本屋をやっています。

好きな作家は、有栖川有栖、田中芳樹、江戸川乱歩、倉知淳、恩田陸、北村薫、宮部みゆき、京極夏彦、小川洋子、殊能将之、梨木香歩、泡坂妻夫、東川篤哉、綾辻行人、長野まゆみ、大崎梢、恒川光太郎、吉田篤弘、上橋菜穂子、岡田淳、R・ダール、E・ケストナー、などなど。気になりゃ何でも読みます。

子どもたちに物語の面白さを伝える、そんな駄菓子屋のような古本屋を目指します。

「古本 大吉堂」大阪市阿倍野区王子町3−4−4




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

FC2カウンター
ブクログ
カテゴリ
リンク
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム