FC2ブログ

『ネズミの時計屋さんハーマックスの恋と冒険1 〈月の樹〉の魔法』(マイケル・ホーイ、雨沢泰・訳)



ネズミの時計職人ハーマックスの元にやって来た飛行士リンカ。彼女はハーマックスに壊れた懐中時計の修理を頼むのだった。リンカに一目惚れをしたハーマックスは懐中時計を修理するが彼女はいつまでも取りに来なかった。そんなある日彼女の代理人だという怪しげな男がハーマックスの元に現れた。
ネズミの時計屋さん、しかも恋と冒険というタイトルから、甘やかなファンタジーを想像して読み始めたのですがハードボイルド的展開が待っていました。
人死に(ネズミ死に?)も出る物騒な事件に巻き込まれたハーマックスですが、リンカへの恋心を支えにずんずんと突き進むのです。おやじネズミと揶揄されるハーマックスですが、想いは一途で一直線です。怪しい男を尾行しリンカがさらわれるところを目撃し、重要な情報を入手し敵地に乗り込んでいきます。
その展開の小気味いいこと。訳者あとがきによると作者が海外出張の妻に毎夜送ったメールが元になっているとのこと。なので1章1章が短く、テンポのいいセリフの応酬や場面転換も軽やかなのです。かなり思い切ったストーリー展開なのですが、それも気にならず一気に読まされます。
ハーマックスたち動物が人間さながらの生活をしているのですが、その舞台はこの世界のどこかなのか、全く違う次元の世界なのかはハッキリとしません。この世界で100年ほど前の感覚でしょうか、その世界観も楽しめます。ハーマックスは鳥かごにテントウムシのターフルを飼っているのですが、ネズミとテントウムシの大きさの対比はどうなるのだろう? などと考えながらその世界に浸るのも楽しかったです。
このシリーズは第3作まで出ているのだとか。これはまたまた読まねばならない本が増えました
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大吉

Author:大吉
物語の魅力を伝える古本屋をやっています。

好きな作家は、有栖川有栖、田中芳樹、江戸川乱歩、倉知淳、恩田陸、北村薫、宮部みゆき、京極夏彦、小川洋子、殊能将之、梨木香歩、泡坂妻夫、東川篤哉、綾辻行人、長野まゆみ、大崎梢、恒川光太郎、吉田篤弘、上橋菜穂子、岡田淳、R・ダール、E・ケストナー、などなど。気になりゃ何でも読みます。

子どもたちに物語の面白さを伝える、そんな駄菓子屋のような古本屋を目指します。

「古本 大吉堂」大阪市阿倍野区王子町3−4−4




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

FC2カウンター
ブクログ
カテゴリ
リンク
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム