FC2ブログ

『世界は変形菌でいっぱいだ』(増井真那)

世界は変形菌でいっぱいだ
世界は変形菌でいっぱいだ

出逢いはEテレの「カラフル!」でした。そこで変形菌が友達だという少年が出てきたのです。幼い頃に知った変形菌に興味をもち、自ら採取して飼育して専門家の先生とともにフィールドワークする姿が映し出されていました。
なんて素敵な少年なんだと思っていたら、現在高校生となった少年は今でも変形菌の研究を続け変形菌の本を出したということを知ったのです。それがこの本の著者増井真那さんだったのです。

写真を多く掲載し変形菌のことがわかりやすく紹介されています。専門家の人が書かれる本は専門家の人にとって当たり前のことと一般の人の当たり前に差異が生じ、そのためにわかりにくくなるものもあります。しかしこの本では普段変形菌と接していない人はこういう部分がわからないだろう、知らないだろうというポイントがしっかりと押さえられており、そこをフォローしつつ進むのでわかりやすかったです。
5歳の時に変形菌に出逢って興味を持ったという話からはじまり、変形菌とはそもそも何なのか、普段変形菌とどのように接しているのか、それを通じて変形菌の魅力を今一度伝え、現在行なっている研究の内容という流れがとてもきれいなんですね。だからわかりやすい。
そこはやはり変形菌に対する愛なのだろうと思うのです。好きだから知りたい。好きだから他の人にも知って欲しい。そんな思いで今まで数多くの人に変形菌のことを伝えてきたのだろう。だからこんなにもわかりやすく伝えられるのだろう。そう思わせる記述がそこかしこにあるのです。

興味を持って好きになる。そのことがこんなにも世界を広げる。そのことがこんなにも輝かしい。変形菌を通じてそんなことも思わされました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大吉

Author:大吉
物語の魅力を伝える古本屋をやっています。

好きな作家は、有栖川有栖、田中芳樹、江戸川乱歩、倉知淳、恩田陸、北村薫、宮部みゆき、京極夏彦、小川洋子、殊能将之、梨木香歩、泡坂妻夫、東川篤哉、綾辻行人、長野まゆみ、大崎梢、恒川光太郎、吉田篤弘、上橋菜穂子、岡田淳、R・ダール、E・ケストナー、などなど。気になりゃ何でも読みます。

子どもたちに物語の面白さを伝える、そんな駄菓子屋のような古本屋を目指します。

「古本 大吉堂」大阪市阿倍野区王子町3−4−4




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

FC2カウンター
ブクログ
カテゴリ
リンク
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム