『ふしぎ駄菓子屋銭天堂2』(廣嶋玲子)

ふしぎ駄菓子屋 銭天堂2
ふしぎ駄菓子屋 銭天堂2

今の子どもたちに人気のあるシリーズ物を読んでみようと手に取りました。たまたま手元にあったのが2巻だったのですが、連作短篇になっており、ふしぎな駄菓子屋でふしぎな駄菓子を買うことで起こるふしぎな物語ということで、問題なく楽しめました。
ふしぎな店で買ったもので起こるふしぎな物語というのは、よくある設定といえばそれまでなのですが、読んでみると実に真っ直ぐな物語だなと思ったのです。ふしぎな駄菓子を買って得たふしぎな能力を欲深く使えば因果応報怪談話となり、人のためや自分が前に進むために使えば心温まるお話となる。実に展開が真っ直ぐで安心して読むことのできる物語なのかも知れません。しかもそれを混ぜ合わすことによって同じパターンを繰り返すことを避け、いろんなバージョンのお話を楽しむことができる。
しかもひとつひとつのお話は短いものなので、スッと読むことができる。1冊にたくさんのお話がありシリーズも続いているので、もっと読みたいという欲求にも応えることができる。なるほど、これは人気が出る訳です。
怪盗の能力が得られる「怪盗ロールパン」病気やけがを治すことのできる「ドクターラムネキット」音楽の天才になれる「ミュージックスナック」など銭天堂は幸運のお客さまのねがいをかなえます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大吉

Author:大吉
物語の魅力を伝える古本屋をやっています。

好きな作家は、有栖川有栖、田中芳樹、江戸川乱歩、倉知淳、恩田陸、北村薫、宮部みゆき、京極夏彦、小川洋子、殊能将之、梨木香歩、泡坂妻夫、東川篤哉、綾辻行人、長野まゆみ、大崎梢、恒川光太郎、吉田篤弘、上橋菜穂子、岡田淳、R・ダール、E・ケストナー、などなど。気になりゃ何でも読みます。

子どもたちに物語の面白さを伝える、そんな駄菓子屋のような古本屋を目指します。

「古本 大吉堂」大阪市阿倍野区王子町3−4−4




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

FC2カウンター
ブクログ
カテゴリ
リンク
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム